2020年9月20日日曜日

BloggerブログをOpen Live Writerに設定できない 2020年秋




最近、PCを新調したので、そちらで改めてブログエディタ『Open Live Writer』をDLして、自分のこのブログを更新できるよう設定を進めていたのですが、どうしても途中でエラーに。

ググってみても、解決策見つからず。

うーん、今コレを書いているPC(DELL製Desktop)はリサイクルに出そうと手配済みなんだけど、困った。


Ads.

使いはじめたのは2017年

こんな記事を書いていました。

元々、『Blogger』で使えるエディタは数が少なくて。

このときは、結構喜んだものです。

プラグインの、『Dynamic Templete』が秀逸なんですよねぇ。

少し前から設定するにはテクニカルではあった

Googleのサービスである『Blogger』。

Googleアカウントには、2段階認証を設定している方も多いと思いますが、それだとOpen Live Writerは対応していないので

『アプリパスワード』

というものを発行する必要がありました。



>>アプリ パスワードでログインする - Google アカウント ヘルプ


今回は、それをやってもエラーに。。。。ぬぅ。

ググった

同じような悩みの人発見。

↓ 2020年3月5日。

そこで参照されているのがGutHubで、どうやら問題提起はされているけど、解決はしていない模様。

>>Connection with Google · Issue #900 · OpenLiveWriter/OpenLiveWriter · GitHub

Open Live Writerは、オープンソースのエディタなので、誰でも更新できる分、誰も取り組まなければそのままというコトに……。

少し前に公式エディタ(ブラウザ)が大幅刷新されていた

外のエディタに頼らず、直接Bloggerのサイトで更新するという手もあります。

元々、非常に使いづらかったBloggerの公式エディタ画面ですが、数ヶ月前(?)に結構なリニューアルがされていて、以前よりは少しだけ、少しだけ使いやすくなっています。

それでも、「そうだ、公式でいいじゃん!」とは思えないレベルなんですけどね……。

余談

Mac用ブログエディタである、『MarsEdit』がBloggerへのサポートをやめているらしいです。

↓ このブログで知りました。私はMac Userではないのですが、理由が不安をあおる…

おわりに

しばらくトライしてダメだったら、しばらくこのブログの更新が止まりますね。

要はHTMLを生成できればいいので、逃げ道はいくらでもありそうではあるものの

やっぱりブログに特化したエディタがある方が、何かと便利ですから

ただでさえ、それほど更新頻度が高くないこのブログの更新頻度が、さらに落ちそうです orz


と言うか、もう数年Bloggerのエディタ問題と付き合っている気がします。いつ終わるんだろうか。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

0 コメント :
コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...